FXやるなら国内口座と海外口座どっちがいい?

FX

FXを始めるにあたってみんな迷うであろう口座選び。

FX業者もたくさんあってどれにしようか迷ってしまいますよね。

私も最初は色々調べたものです💦

「それ以前に国内口座と海外口座って何が違うの?どっちがいいの?」

って方いらっしゃいますよね?

今回はそんな方のために「国内口座と海外口座の違い」にスポットを当ててみようと思います。

FX国内口座と海外口座の違い。おすすめはどっち?

まず最初にどっちがおすすめかってことですが、

私の本音としては・・・

「どっちでもいいから大手でデモ口座作って、当分はお金のかからないデモトレードでいいんじゃない?(真理)」です。

・・・はい、でもこれを言ってしまうと話が終わってしまうので(笑)

ちゃんとやりますw

それにお金かかっていないデモトレードだとやる気が出ないって方もいますよね。


では本題に入りまして、

FXデビューされる方に国内と海外どっちがおすすめかというと・・・

私は断然「海外口座」をおすすめします。

おすすめの理由としては海外口座にあって国内口座にはない以下の3つの大きな特徴があるからです。

  • ゼロカットシステム
  • ハイレバレッジ
  • ボーナスキャンペーン

では一つずつ説明していきますね。

ゼロカットシステムとは

ゼロカットシステムは、海外口座にはあって国内口座にはない「安心安全なシステム」です。

ゼロカットシステムとは何か?を簡単にいうと、

「自分が口座に入金した資金以上の損失が発生した場合、その損失に関しては負担する必要がない」というありがたいシステムです。

逆に言うと国内口座は「損失はすべて負担しなくてはいけない」訳ですね^^;

ただそんなことって滅多に起こることではないですが、

何か世界的にイレギュラーな大事案が発生し大急落急騰が起こったときにあなたの設定した損切ラインやロスカットラインを突き破って発生する可能性はあります。

滅多にないとはいえ、いつ起こるかなんて誰にも分からないので、右も左も分からないビギナーの方には転ばぬ先の杖として強くおすすめしたいシステムです。

まだ始めて間もなく、よく分かんないけどある日突然、口座の資金が無くなっていたどころか借金を抱えていた・・・なんて嫌すぎますからね( ^ω^)・・・。

ハイレバレッジとは

ハイレバレッジ、略してハイレバ

皆さんは「ハイレバは危険」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。

私の意見を言わせていただくとハイレバレッジなだけでは危険でもなんでもありません。

レバレッジの倍率とはトレードをするにあたって最低限必要な入金(必要証拠金)額が変わるだけのお話です。


どういう事かと言うと、

例えば 1ドル=100円 として、

あなたが10,000通貨(ドル)でポジションを持つとします。

国内口座の場合は25倍が最大レバレッジとなっていますので、

10,000(通貨(ドル))× 100(円) ÷ 25(倍) = 40,000(円) となり、

10,000通貨(ドル)で取引したい場合、最低40,000円が口座に無ければいけないということになります。


一方、海外口座の場合はFX業者によってはレバレッジ1000倍掛けれるところもあります。

今回はそれを例として国内口座と同じ式をあてはめると・・・

10,000(通貨(ドル))× 100(円) ÷ 1000(倍) = 1,000(円) となり、

10,000通貨(ドル)で取引したい場合、最低1,000円が口座に無ければいけないということです。


・・・簡単に言うとレバレッジとはこれだけのことです。

巷ではハイレバレッジだと損益も倍増えると誤解が広まっていたりしますが、

レバレッジを25倍でトレードしようが1,000倍でトレードしようが損益は変わりません

あなたが10,000通貨でドル円(1ドル=100円)のトレードして1円分の値動きが発生したとします。

その場合あなたの損益は約1万円になります。

そしてそれはレバレッジ無しでも25倍でも1,000倍でも変わらないのです。


最初にお伝えしたようにレバレッジの倍率とはトレードをするにあたって最低限必要な入金(必要証拠金)額が変わるだけのお話です。

そうと分かれば「レバレッジが高いほうが必要証拠金の入金額が少なくて済む。」という海外口座のメリットをご理解いただけたかと思います。

※だからと言って、最低限の入金額でそのままトレードしてしまうと逆に動いた際に、あっという間にロスカット(損失確定)されてしまいますので、必要証拠金とは別に実際運用していく資金を追加入金することは必須です。

その額はもちろん無理せず、皆様のゆとりの範囲内で決めていただけたらと思います。

ハイレバが危険なのではなく、ハイレバでもローレバでも身の丈に合わない高ロットで高額トレードをすることが危険なのです。

資金管理をしっかり行い自分の計画の範囲内の金額でトレードしていればなんの問題もありません。


ビギナーの方にはまず、1,000通貨(0.01ロット)での取引をおすすめします。

1,000通貨であればドル円で1円動いても損益は1,000円程度です。

まずは小さい額で慣らして勝てるようになってから取引通貨量(ロット)をあげていきましょう!

ボーナスキャンペーンとは

海外FX業者はボーナスキャンペーンに力を入れている所が多いです。

キャンペーン対象者であれば入金額の20%や30%、なかには50%、100%をボーナスとして、あなたの口座資金に上乗せしてくれるというものです。

口座資金が増えてお得ですね^^

大体どこの業者も新規口座開設者には何らかのボーナスキャンペーンがやっています。

自分の気に入るところを探してみましょう。


ちなみにボーナスで選びたいならXMトレーディングをおすすめします。

最大手のXMトレーディングなら入金ボーナスも豊富です。

おまけにトレードするごとに貯まるポイントは現金化が可能です。

海外FX業者選びが初めてでどこにするべきかと迷われているなら最大手で信頼性の高いXMトレーディングを選んでおけば失敗もなく無難です。

国内口座と海外口座の税率の違い

余談として、国内口座と海外口座ではトレードで収入を得た際の「税率」が違ってきます。

この税率に関しては、大きく稼ぎだしたら国内口座のほうが断然節税出来て有利です!

・・・が、そこをビギナーさんが気にする必要はありません。

なぜなら・・・「FXはそんなにすぐには稼げないから」です。(ぶっちゃけ)

「努力せずすぐに稼げる!今日からあなたも毎日が給料日!」

・・・な~んて絶対ならないです^^; 

もしもそんな話を持ち掛けられたらまず詐欺を疑いましょう。

たまたま取ったエントリーがビギナーズラックで大化けすることがあるかもしれませんが・・・

それはむしろ不幸の始まりかもしれません。

勝ったまま辞めれたらいいのですが、人は一度得たものを再度同じ手で得ようとしてしまうもの。

そしてそう何度もラッキーは続かないため、高額ハイロットのギャンブルトレードによって小金持ちからあっという間に借金持ちへ・・・というのはよく聞く話です。

FXで本気で稼ぎたいなら知識・技術習得と研鑽は必須です。

口座選びまとめ

口座選びに関する私の意見をまとめると、

最初は海外口座で少額トレード(もしくはデモトレード)を行い、税率を気にするほど稼げるようになったら国内口座も視野に入れ再度検討といったところです^^

もちろん最初から国内口座で始めても全然OKだと思います。不正解はありません。

大事なことは「最初から早々勝てないということを理解して、負けても熱くならず安定して勝てるようになるまで少額運用を徹底すること」です。

それさえ出来れば無茶なトレードである日「ドカンッ!」と大金を失うこともありません。


大事なことを忘れていましたので最後に、

国内でも海外でも最初は大手で口座開設するようにしましょう!

マイナーな業者で口座開設したら「詐欺でお金が返ってこなかった」ということがある世界です。

世界中から大金が集まる金融市場には、そのお金を狙う詐欺もあることをお忘れなく。


スポンサーリンク
【一番おススメの海外口座】

高い約定率、極小スプレッド、チャートの値動きの滑らかさといった高い機能性で信頼を集め、多くのプロトレーダーが愛用しています。もちろん私も使用しています。本気でFXやりたいなら AXIORYがあなたにとって一番良いトレード環境を提供してくれます。
FX
hiroをフォローする
FXトレーダーのつぶやき
タイトルとURLをコピーしました